大会の趣旨

第5回 全国ユース環境活動発表大会(全国大会)について

「全国ユース環境活動発表大会」は、持続可能な地域循環共生社会の構築に向けた環境活動を行う高校生に対し、相互交流や実践発表の機会を提供することで、活動の更なる充実を支援することを目的とするものです。
当日は、全国8地方大会の審査を経て、あらかじめ選抜された高校生がその取組を発表します。
なお優れた取組に対して、環境大臣賞をはじめ各賞の表彰を行います。
About Image

観覧・取材希望について

当日(2月9日)の観覧・取材希望は、事前登録制とさせていただきます。
観覧・取材をご希望の方は、以下のページより 1月31日(金)14:00までにご登録をお願いいたします。

【マスクご持参のお願い】
第5回全国ユース環境活動発表大会(全国大会)ご来場の皆さまへ 新型コロナウィルス、インフルエンザなどの感染予防のため、ご来場される皆さまにはマスクの持参をお願いいたします。

※会場は、原則飲食禁止です。

※携帯電話はマナーモードに設定の上、通話はご遠慮ください

※写真撮影、動画撮影、HPへの掲載などは自由ですが、当事者へ許可を得てから掲載するようにお願いいたします。

※当日ご来場の際には公共交通機関を利用下さい。

一般観覧申し込み / 取材申し込み >

主催 当日について

主催

全国ユース環境活動発表大会実行委員会
(環境省/独立行政法人環境再生保全機構/
  国連大学サステイナビリティ高等研究所)
事務局:独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金内事務局

日時/スケジュール(予定)

2020年2月9日(日)(9:30〜14:45)

9:30   開会(9:00受付開始)
9:45   高校生による活動発表①
13:00   休憩
14:00   表彰式
14:45   閉会

会場

東京都中央区八重洲1-3-7
八重洲ファーストフィナンシャルビル
ベルサール八重洲3階
当日ご来場の際には公共交通機関を利用下さい。
[電車]
 日本橋駅 A7 出口直結
 (地下鉄東西線・銀座線・浅草線)
 三越前駅 B6出口徒歩5分
 (地下鉄半蔵門線)
 東京駅 八重洲北口徒歩5分
 (新幹線・JR線・丸の内線)

アクセスマップ >>

後援

読売新聞東京本社

協力

環境省地方環境パートナーシップオフィス(EPO)
地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
ESD活動支援センター

協賛

キリン株式会社
協栄産業株式会社
SGホールディングス株式会社
株式会社タニタ

出場校 第5回全国ユース環境活動発表大会(全国大会)

北海道

北海道美幌高等学校/環境改善班

  • オホーツクの自然を守れ!オホーツクで実践した自然環境改善の成果

北海道標茶高等学校/地域環境系列 環境ゼミ キノコ班

  • 標茶高校敷地内に自生するキノコの調査と考察

東 北

青森県立名久井農業高等学校/Treasure Hunters

  • 乾燥地の土壌流失抑制と食料増産のための集水技術の開発

仙台高等専門学校 名取キャンパス/仙台高専 香りの抽出グループ

  • 松がレモンの香り?クロマツで無添加除菌スプレーの開発!

関 東

栃木県立栃木農業高等学校/農業環境部 環境活動班

  • 新しい時代の道普請 ~パートナーシップによる地域環境保全~

学校法人静岡理工科大学 星陵高等学校/バイオメタン班

  • バイオメタンのある暮らし

中 部

石川県立翠星高等学校/食品科学研究会

  • 廃棄果皮0宣言!眠っている地域資源を活用した6次産業化計画

学校法人鈴鹿享栄学園 鈴鹿高等学校/鈴鹿中学・高等学校SOM

  • 海岸清掃とロボットを使った環境教育活動

近 畿

京都府立木津高等学校/ソーシャルビジネス研究班

  • Kakishibuを世界基準に

京都府立綾部高等学校/分析化学部

  • 地域と歩む由良川保全プロジェクト
    ~由良川レンジャー奮闘記part2~

中 国

山陽女子中学校・高等学校/地歴部

  • 瀬戸内海の海洋ごみ問題の解決に向けての女子中高生の挑戦
    ~SDGsの視点からのアプローチ~

広島県立世羅高等学校/鯉米

  • 錦鯉廃棄稚魚を活用した鯉米生産を目指して

四 国

香川県立多度津高等学校/建築科&写真部

  • 地域と繋がる環境活動

愛媛県立上浮穴高等学校/カホンプロジェクトチーム

  • 森林の想いを音色にのせて 
    ~カホンを通じた森林環境教育の 実践とドイツに学ぶ持続可能な森林管理~

九州・沖縄

長崎県立諫早農業高等学校/食品科学部

  • 身近な環境問題解決法の検討 ~放置竹林対策に向けた菌床栽培法~

沖縄県立沖縄水産高等学校/シーメンズクラブ

  • 「豊かな海を守る」プロジェクト
    ~海ゴミとマイクロプラスチック問題の解決に向けて一歩踏み出そう~

審査員

審査委員長

小澤紀美子

東京学芸大学名誉教授

審査委員

読売新聞東京本社

株式会社タニタ

三木清香

環境省 大臣官房 総合政策課 民間活動支援室長

小辻智之

独立行政法人環境再生保全機構 理事長

国連大学サステイナビリティ高等研究所

表彰 環境大臣賞:1校
環境再生保全機構理事長賞:1校
国連大学サステイナビリティ高等研究所所長賞:1校
読売新聞社賞:1校
特別賞(高校生選考賞):1校
特別賞(先生選考賞):1校
優秀賞:10校

Access Map

PAGE TOP